蜷川シェイクスピア・レジェンド『ロミオとジュリエット』観てきました!


彩の国さいたま芸術劇場で上演している、
シナリオクラブ・アドバイザーの清家栄一さん、塾一久さん、青山達三さん出演中、
蜷川シェイクスピア・レジェンド
『ロミオとジュリエット』(オールメール)観てきましたーーー!!!

あ、すたっふのブルーです。こんにちは。

いやー、満足満足、大満足です!
すごい!すごーい!

あっという間の3時間15分!
(1幕1時間25分、休憩15分、2幕1時間35分)

行ってみるまで最前列って知らなかったのですが、
まさかのかぶりつき席で、圧倒されまくりでした!

小ホールだから、どこの席でも役者さんが近いんだろうなあ、とは思っていたのですが、
こんなに近いなんてっっっ!!!
清家さんとは目が合うし!
(というより、「何で最前列にいるんだよっ」て感じで睨まれたような・・・。
いやいや、自分で選んだワケでは・・・

さすがレジェンド!
本当に贅沢な時間を過ごすことができまして、
感想っていっても何から書いてよいのかわからないほど見所満載でしたし、
(てんこ盛り!)
まだ興奮が冷めておりませんが。

でも、まずは清家さんから!
ジュリエットのお母さん役なんですけど、
ホントお母さんでした。
優しいし、キレイで色っぽかったです。
夫である「キャピュレット」の間宮啓行さんとはラブラブな夫婦で!

10年前の藤原竜也版『ロミオとジュリエット』のときは「大公」だったわけで、
なんて幅広い芸域なんだ!

塾さんは、清家さんたちのキャピュレット家と対立している、
ロミオのお父さん、「モンタギュー」役。
終盤の塾さんの「親不孝者め!」っていうあたり、泣けましたー。涙腺崩壊!

青山さんは「薬屋」役。
ヨレっとしたところが何ともニクイ!
あの味は青山さんでないと出せません!

この人でないと出せない、と言えば、
月川悠貴さんのジュリエットがまさにそうでした。

今までわたくしが知ってるジュリエットは、マセているとはいえ、
幼くて情熱のおもむくまま、という感じだったように思うのですが、
そこはしっかり冷静で、情熱は内に秘め、
こういうジュリエットありだなあ、と感心してしまいました。

対する菅田将暉さんのロミオはとても情熱的で愛くるしい
その対比で、しっかり悲恋を盛り上げてくださっていたと思います。

行く前に、先に観た会員の方から、
ダンスシーンがスゴイらしい、ラストシーンに蜷川さんが一味加えたらしい、
などの情報があったのですが、確かに!

目の前で半裸のイケメンたちが踊っている光景は、
酒池肉林って感じでした。(使い方合ってるかな・・・)
とにかく幕開けからそのエネルギーがすごかったです

若手組のなかでは、若葉竜也さんの「ベンヴォーリオ」好きでした。

矢野聖人さんは「マキューシオ」とっても苦労されたみたいですけど、
(プログラムによるといちばん蜷川さんに怒鳴られてたらしい)
ホント、難しい役ですね。
でも血気盛んなところは孤独の裏返しみたいな感じで解釈が合ってるなら、
十分それは伝わってきました。

平埜生成さんの「ティボルト」も、血に飢えた狼的な感じで、
菊田大輔さんの「パリス」も真っすぐな感じで、
とってもよかったです。

一方、ベテラン組は上手くてさすがなんですが、
小芝居(これも使い方合ってるかしら・・・)
が随所にあって、常に観る人を楽しませてくださるんです!
この方たちを間近で観るのが何よりの贅沢でした

高さも奥行きも縦横無尽に使われるセットだったり、
小ホールでは収まりきらない熱量で、アングラ的で、
とにかく素敵でした!

そう言えば。
これを「人生の初観劇作品に」という会員さんがいらっしゃいましたが、
こんなにてんこ盛りだと、後から観るお芝居が物足りなくなってしまうんじゃ・・・
とちょっと心配になってしまいました。余計なお世話ですが。

レジェンド・シリーズは、蜷川さんの「これが最後の」っていうシリーズらしいので、
蜷川さんの4回目にして最後の『ロミオとジュリエット』ということみたいです。

残念ながらわたくしは、この『ロミジュリ』しか観ていませんが、
初演へのオマージュも盛り込まれているらしいです。
(清家さん情報によると)

蜷川さんの集大成『ロミジュリ』だと思うと、より感慨深いものがありますねー。
素晴らしかったですよーーー!ありがとうございます!蜷川さんっ!!!

関わったすべてのキャスト・スタッフの方々に感謝いたします。
本当にありがとうございました!

素敵なシナリオクラブ・アドバイザーたちと共演してみたい!
という方、無料体験レッスンがございますので、
是非どうぞ!

無料体験レッスンはコチラ

お花、届いてました。

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ