羽子田さんご出演『トロイアの女たち』観てまいりました! by スタッフN


シナリオクラブ・アドバイザー羽子田さんご出演、 「トロイアの女たち」観てまいりました!  「トロイの木馬」の奇襲作戦によってギリシア軍に懺滅された トロイアの都に残された女たちの悲惨な末路を描いた悲劇――。 出演される方々も日本、ユダヤ、アラブとのことなので、3か国語が舞台上で飛び交う――。 見に行く前から「難しそう・・・。」と思っておりましたが、やはり、難しかったです。 ・・・字幕を追うのが 舞台上をなかなか注視できず・・・。 少しずつ慣れましたが、これは私の観劇経験の少なさからくるものだから仕方ないですね。 舞台上の「女たち」は迫力がありました。 特にトロイアの女王ヘカベ役の白石加代子さんの存在感が素晴らしかったです 見得を切るようなポーズが何回かあったのですが、その度に迫力満点! 睨まれている・・・と震えてしまうぐらい。 コロスの方々は最初から最後まで舞台上にいらっしゃって、 一人一人の表情や仕草が一瞬たりとも同じではなく、 常に誰かを目で追っていたくなるような、 凄味と存在感のある「女たち」に感じられました それから、和央ようかさんがやはり美しかったです。 その美しさが戦争の発端になったヘレネ役でしたが、 赤いドレスに身を包み、美しい御身足を惜しげもなく出されていて・・・ 少しドキドキしてしまいました。 ラストの地震、城壁の崩壊、炎上のシーンは・・・恐怖を感じました 先の震災のことや異国の地での紛争のことなどが思い巡らされ、 か弱い女性や幼い子供たちは常に犠牲になっている、 それでも力強く生きて行く・・・生きて行かなければならない・・・と、 そう思うと胸が熱くなりました。 涙がじんわり出てきて、いろいろ考えさせられるお芝居でした。
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ