「『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』蜷川ヴァージョン」観てきました!!!


シナリオクラブ・チーフアドバイザー、 清家栄一さんがご出演されている 「『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』蜷川ヴァージョン」 観てきましたーーー!!! ずっと楽しみにしてたので、本当にワクワクしながら行ってきました。 4時間を超える(休憩2回入れて)お芝居、 ひと言でいうと、いっぱい見どころが詰まった大変オイシイ芝居といったところでしょうか。 キャストも装置も超豪華ですし、 ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのお芝居を拝見したことはなかったのですが、 (『祈りと怪物』のKERAヴァージョンも観られなかったし) ストーリーはギリシャ悲劇のようでもあり、 三姉妹というだけあって、 シェイクスピアのリア王のようでもあり、チェーホフの三人姉妹のようでもあり、 縦糸も横糸も複雑に絡まり合って、 ボキャブラリーが追いつきませんが、 グルメレポートで「味の玉手箱やーーー」っていうみたいに、 本当にお芝居の玉手箱のようでした。 (・・・まったく伝わらないと思いますが) ちょっと感想(ネタバレあると思いますので、これから観る方はご注意を)。 まずですね、 清家さんも出てくるコロスのシーンですが、 ラップ調なセリフなのです。 蜷川さん、攻めてます! (ちなみに、台本やセリフはまったく削ったり変えたりせず、 演出の違いだけで勝負している、っぽい。) わたくし、ここですでに涙が・・・ カッコいいんですよ、コロスの人たち。 うう・・・清家さんもカッコいいーーー!!! それと、 「最初に殺されるサンスクリット語を話す船員は、 ボク(清家さん)だったけど、わかったかな?」 っっっっっって、全然わかりませんでしたよっ! ショック(;゚Д゚)!!!!! まだまだ修行が足りません・・・ これからご覧になる方は注目して観てきてください! そして森田剛さん。 内気で、片足が不自由な少年・トビーアス役、 繊細に演じてくださっていたと思います。 町が狂気に満ちていくなか、 トビーアスは白から黒に染まっていき、 満島真之介さん演じる親友・パブロは黒から白へ、 って変わっていく対比が、悲しかったけれど、よかったです。 勝村政信ファンの皆さま、 いつもは自由奔放な勝村さんですが、 『怪物』って勝村さん演じるドン・ガラスのことだったと思うんですけど、 この物語の主人公の悲哀を重厚な演技で見せてくださいますよー。 (しかし、なんかやってくれるのではないかと、 構えてる自分もいましたが・・・) 三姉妹は、原田美枝子さん、中嶋朋子さん、宮本裕子さん。 この3人にはそれぞれ想いビトがいて、 その恋模様がこの物語の軸のひとつでもありました。 翻弄されつつもたくましく生きていこうとする姿、 しっかり伝わってきました。 大石継太さんと伊藤蘭さんはドン・ガラスの使用人で夫婦役。 2人は、愛する子どもの死を受け入れられずにいたため、 悪魔につけ込まれた感じになり、悲劇に。 『ボクの四谷怪談』でお怪我された新川将人さんは、 無事復帰されたようで、町で虐げられている仕立て屋さんを熱演されてました。 その娘役が、野々すみ花さん。 古谷一行さんは教会の司祭で、 橋本さとしさん、三宅弘城さん演じる錬金術師(奇術師)とその弟子と、 一計を案じて、町の人々の信仰を集めようとします。 すると、これが悲劇を呼び、えらいことになるのですが、 味のある演技、というんでしょうか、とってもいい味出してくださってました。 いい味といえば、三田和代さんもキーとなる二役を、 見事に演じ分けていらっしゃいました。 杉村蝉之介さん演じるペラーヨは、反乱を企てる地下組織の一員、 そして渡辺真起子さんはドン・ガラスの後妻にして、このペラーヨと通じているという役どころを。 染谷将太さんは、ヤンという謎の流れ者の役。 影のある雰囲気が、この人なんなの、何が目的なのーーーと惹きつけられて観ていくうちに、 そういうことだったのかとなります。 清家さんも登場した最初の船上のシーンの 銃を持っている男役の塚本幸男さん、 かなり笑えます。 石井愃一さんの執事長のシーンも、 力を抜いて観られる稀有な場面だったかと。 マメ山田さんや澤魁士さんは、登場するとすぐわかる蜷川組常連の怪優さん。 今回もいい働きをされています。 青年座の土屋美穂子さん、 シナリオクラブに一度来てくださったことがあるのですが、 江戸っ子みたいな町びとやラップもパワフルに好演されていました。 冨岡弘さん、妹尾正文さん、岡田正さん、福田潔さん、 蓬莱照子さん、野口和彦さん、清水ゆりさん、本城丸裕さん、 皆さん本当にお疲れさまでした。 ありがとうございました。 4時間を超えるお芝居でしたが、中身が濃くて、 それぞれの描写が丁寧に描かれていて、見どころ満載なので、 観終わったとき初めて自分のぐったり加減に気づく、みたいな感じでした。 最近のTVドラマの1クール分以上の中身が優にあったんじゃないかと思います。 そのくらい濃かったです。 これからご覧になる方は、 それくらいのご覚悟を いずれにしましても、 清家さんが出ていなかったら観に行かなかったと思うと、 本当に清家さんにはいつもながら感謝、感謝です。 まだ始まったばかりなので、 体調にお気をつけて乗り切ってくださいませ。 清家さん、蜷川さんはじめ、 キャスト・スタッフの皆さま 素晴らしいものを見せていただき 本当にありがとうございました!!!!!
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ