『盲導犬』観てまいりました。―By シナリオクラブスタッフN


Bunkamuraシアターコクーンにて上演中の『盲導犬』を見てまいりました。 観劇初心者のつたない感想です。 お気に召さない点が多々あるかとは存じますが、 そこは大目に見ていただけると幸いです 開場時間が10分ほど過ぎたころに劇場前に到着して、 まず驚いたのは、エレベータ-ホール前の列。 30人ほどのそれは、立ち見席を待っている方々の列でした。 日曜日だったからかもしれませんが、その多さに驚きました。 客席に着くと、隣りの方が連れの方に、 「唐さんの芝居は筋をわかろうとしてはだめだよ。」 とお話しされていたのが耳に入り、 唐芝居初観劇の私は少し楽な気持ちで観始めることができました・・・。 全体を通しては、とにかく迫力があって、 散文詩をビジュアル化したかのような、 そんな印象を受けました。 絶対服従を強いられる盲導犬と不服従の伝説の犬ファキイル。 それに照らし合わせてか、当時の女性の操とか貞操とか、 抑圧された時代の空気とか・・・その枠には決して収まりきらない銀杏さん。 宮沢りえさん、やはり美しかったです! あの華奢な体のどこにこんなパワーがあるのでしょう。 一瞬たりとも同じ表情をみせない、次は何をするのかと目が離せない。 最期はファキイルに喉を噛みきられて絶命しても、 そこから彼女の中にあったファキイルが世の中に飛び出していくような妙な感覚を受けました。 古田新太さん、とにかくすごかったです。存在感も歌も面白いところも。 特に驚いたのは、盲人役でサングラスをかけていらっしゃいましたが、 サングラスを外してからは目を開けるところでは必ず白目でした! 演技の細やかさにも驚きました! 木場さんは、パンフレットを見てから知ったのですが、 40年前も同じ役を演じていらしたのですね。 40年の時を超えてというところが、海を越えてよみがえってくる銀杏さんの夫役というところにも なにかが共通するような気もしますし、なんだか不思議です。 そして、シナリオクラブアドバイザーの羽子田さん。 「今回は少ししかでないから。」 とお稽古に入られる前に伺っていましたが、かなりインパクトありました。 キラキラな衣装(キャバレーのダンサー?)では最初羽子田さんに気が付かなかったのですが、 銀杏さんに文句を言うところでは、そのお声ですぐにわかりました。 金髪でグラマラスな羽子田さん、いつもとはまた違った印象で、とっても素敵でした! まだまだ書きたいことは多々ありますが、気になる方は、是非実際にご覧ください!
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ