平尾仁さん出演・劇団青年座「外交官」情報


20150603143633_00001

 

シナリオクラブアドバイザー・平尾仁さんが出演する

劇団青年座第218回公演「外交官」

7月31日から8月9日まで

青年座劇場(代々木八幡駅・南口改札より徒歩1分)にて上演されます。

 

作は劇団パラドックス定数の主宰でもある野木萌葱さん。

青年座さんへの書き下ろしです。

 

野木さんの作風はいつも、

社会派で、濃厚で、キレがあって、男性的で、かつ緻密で、

平尾さんもお気に入りの作家さんです。

 

かつて平尾さんも出演した「崩れゆくセールスマン」という

豊田商事の事件をテーマにしたお芝居も、

青年座さんに書き下ろしていて、

わたくし(すたっふブルー)観に行ったのですが、

青年座さんたちの演技の巧さもあって、あっという間に引き込まれ、

最後には大号泣してしまったのは記憶に新しい。

 

今年は戦後70年。

この作品は第二次世界大戦後、

A級戦犯に問われることになる「外交官」たちが、時を遡り、

「なぜあの戦争は始まったのか」を検証するというストーリーだそう。

 

平尾さんは広田弘毅役。

各国大使、外務大臣を歴任し、戦争の渦中に内閣総理大臣となりますが、

後に、文官でありながらA級戦犯として絞首刑となったことから、

城山三郎の『落日燃ゆ』では、悲劇の外政家として描かれています。

 

戦後70年の今年は、戦争にちなんだ作品が各方面で取り上げられています。

 

ちなみに、先日急逝された今井雅之さんのライフワーク、

「THE WINDS OF GOD」も神風特攻隊のお話でした。

これは演劇史上に残る名作でした。

 

井上ひさしさんの名作、

「父と暮せば」も今年、こまつ座さんで上演します。

これは広島で原爆に遭った父と娘の二人芝居。

これも名作中の名作、必見です!

 

吉永小百合さんと、嵐の二宮和也さんも、

長崎に舞台を移して、

「母と暮せば」という映画をやるんですよね。

 

この機会に、少しでも戦争とか、平和とか安全とか、

っていうことを考えてみるとよいかもしれません。

 

まずは「外交官」、

青年座劇場に足を運びましょう!

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ