「青い種子は太陽のなかにある」観てきましたーーー!!!


青い種子 パンフ

 

渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演中

「青い種子は太陽のなかにある」

すたっふブルーも観てまいりましたーーー!!!

 

蜷川幸雄さん演出、KAT-TUN亀梨和也さん高畑充希さん主演、

そしてシナリオクラブ・アドバイザーの羽子田洋子さん、外山誠二さん出演となれば、

そりゃ観に行くでしょー!ってことで!!!

 

もう最っっ高ーにエネルギッシュで、ソウルフルで、

大好物詰め込み状態で大満足な舞台でしたーーー!!!

あ、と言っても、ストーリー自体は切なく、

寺山修司さんの繊細かつ心をえぐるような詩と、

松任谷正隆さんの新しくもあり懐かしくもある音楽が散りばめられ、

泥臭くもあり、でもキラキラもしていて、それがまた神々しくも感じられて、

でもでも、蜷川さんが仕掛けてくるサービス精神にもニヤニヤが止まらず・・・

もう、なんて感想を書いたらよいのか、よくわかりませーん!

てな感じでした。^^;

 

でもまずは、蜷川さんお得意の、幕開きの観客のハート鷲づかみなところから!

(ネタバレ注意)

 

幕が上がると、そこはスラム。

荒涼としたなかに、魚から足が生えてる的な抽象画みたいなオブジェが点々と。

そこに、スラムに住む個性的な面々が!

初めはストップモーションで1枚の絵のように。

ダンサブルなナンバーがかかると、生命力いっぱいに歌って踊ってカオス状態に。

 

傾斜になっていて、後ろの人にも見やすく。^^

(演者さんたちはとっても大変そうですが・・・15°あるそうです)

 

もう、最初の一瞬で、蜷川さん、ありがとうーーー!!!

という気持ちがこみ上げてきました。

 

カオスが一転、空虚になると――

出ましたー!スターオーラ満載の亀梨くん登場!

 

亀梨くん、と言えば、まあKAT-TUNというジャニーズ・アイドルの方で、

大スターということは存じておりますが、

わたくし的には、日曜日の夜のスポーツニュース・キャスターのイメージが強いのです。

彼は野球少年だったらしく、特に野球の取材はリスペクトの気持ちを持って、

体当たりでやっているので好印象。

 

役名は「賢治」。

賢治の鬱屈、賢治の恋、賢治の葛藤、弱さ、嘆き、悲しみ・・・

多少、綺麗すぎだろうが、眉が細かろうが、そんなことはどうでもよくなってしまうくらい、

思いっきり「賢治」でした。

歌も、賢治の心の叫びが表現されていて、

終盤なんかは、すすり泣く声が周りから聞こえるほどでした。

そして、夜帰ってからTVを観ると、相変わらず深夜のスポーツニュースに亀梨くんは出ていました。

(その日は日曜日)

ほんと、アイドルはよく働きますねえ・・・。ご苦労さまです。

 

それから、高畑充希さん。

確か「ごちそうさん」で歌が上手い役どころを演じていたり、

「ピーターパン」を長年演じていたり、

「奇跡の人」でヘレン・ケラーを演じていた方・・・と。

舞台で拝見するのは初めてでしたが、ほんと綺麗な澄んだ声。

あまりミュージカルは詳しくないのですが、

歌でも「弓子」の気持ちを繊細に表現していて、お見事でした。

 

夕暮れ時すれ違うだけの二人に、やがて恋が芽生える――という、

「身毒丸」とも「あゝ、荒野」とも違って、なんとも甘酸っぱい展開に意表をつかれましたが、

気づけば二人を応援しちゃってる、というような自然なお二人、

よかったです。

ロミオとジュリエットとかもそうですけど、二人の距離が観てる方にわかるっていうところ、

それが終盤の悲劇をより悲しくさせるから、ここ、大事!

 

この二人を輝かせるのが、ベテランと個性的な役者さんたち。

 

ベテランの六平直政さん、マルシアさん、戸川昌子さん、山谷初男さん、

鳥山昌克さん、大石継太さん、渡辺真起子さんや蜷川さん常連の方々に加えて、

シルク・ド・ソレイユダンサー、ボディビルダーの人たち等々、多彩多彩。

 

そんななか、羽子田さんは、戸川昌子さん演じるスラムの長老の「おりん」の相棒(?)で、

ずっと三味線かついで、瞽女(ごぜ)さんのようなお婆の格好をされてました。

セリフがないときも、羽子田さんの優しさがビシビシ伝わってきました。

 

外山誠二さんは、役名「老貴族」のスラム住人(乞食)。

昔はいい暮らしをしていたけど落ちぶれちゃったのかな、

でも、歌って踊ってる外山さん、めちゃくちゃカッコよかったです!

スタッフ・みなも書いてるように、プロ級のギター演奏は必見必聴です!!!

 

オープニングもよかったんですけど、

賢治が本当の心を取り戻す重要なシーンでもある、

土着のお祭りの歌のような「日招き」の歌のところが、

(羽子田さんがここで三味線を披露!)

わたくし特にお気に入りです!

 

どんどんネタバレしてますし、

本当にキリがないので、もうこの辺にしておきます。

 

羽子田さん、外山さん、皆さん、暑い日が続きますが、

千秋楽まで、大阪公演も頑張ってくださいね!

 

本当にありがとうございました!

青い種子 そと

青い種子 ハタ

あ、それから、羽子田さんには、これが終わったらすぐ

「『海辺のカフカ』(ワールドツアー)凱旋公演」でさいたま芸術劇場で、

外山さんには、「ヴェローナの二紳士」で同じくさいたま芸術劇場で、

会うことができますよー。

 

そちらもお楽しみに!

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ