「NINAGAWAマクベス」のシナリオクラブ関連情報


 

macbeth
いよいよ、9/7(月)から

Bunkamuraシアターコクーンで

「NINAGAWAマクベス」が始まります!

 

上演時間は、公式サイトより、

1幕 1時間20分/休憩 20分/2幕 1時間5分/合計 2時間45分

となっていました。

 

あれ?こんなものでしたっけ?と思って清家さんに聞いたら、

初演のときから、だいぶ本編からカットされたものを使われていたよう。

 

ちなみに、初演は1980年。

国内外でたくさん上演され、

蜷川さんのお名前を広く世界に知らしめた作品。

 

今回は1998年以来、17年振りの再演。

清家さんはそのすべてにご出演だったと記憶しております。

 

初演時は、清家さんは「魔女」だったそうです。

その後、いろいろな役も演じてこられましたが、

今回は再び、「魔女」とのこと!

(厳密には「魔女3」。魔女は3人いるんです)

 

塾一久さんは「シーワード」、

青山達三さんは、こちらも初演と同じ「通り抜けの老人」だそうです。

 

35年前と同じ役を演じる、というのは、

さぞかし感慨深いことでしょう。

 

「マクベス」と言えば、「マクベス夫人」を誰が演じるか、

というのも大きな興味の一つ、となります。

 

序盤は男勝りで気が強く、中盤は恐れと葛藤、

そして終盤は正気を失い、狂い死にという、実にドラマチックな人生で、

女優さんも一度は演じてみたい役の一つ、ではないでしょうか。

 

今回は田中裕子さん。

これまで何回も蜷川さんとお仕事をされてきて、

ここに来て、この時とばかりに田中さんを選んだということの意味を、

劇場で見届けて来たいと思います!

 

もちろん市村正親さんのマクベス、

橋本さとしさんのバンクォー、

柳楽優弥さんのマルカム、

吉田鋼太郎さんのマクダフとかも、

みんなみんな超楽しみーーー!!!

 

ところで、蜷川さんの来年のお仕事がまた決まったようです。

 

Bunkamuraのホームページより

シアターコクーン・オンレパートリー2016 

「元禄港歌 -千年の恋の森-」

【 作 】秋元松代 【演出】蜷川幸雄

【出演】市川猿之助、宮沢りえ、高橋一生、鈴木杏、市川猿弥、新橋耐子、段田安則 ほか

【スタッフ】 音楽:猪俣公章 劇中歌:美空ひばり 衣裳:辻村寿三郎

【東京公演】
2016年1月 Bunkamuraシアターコクーン

 

いやー、これも超楽しみですねーーー!!!

 

まったくの余談ですが、

今、ドラマで「民王」っていうのをテレビ朝日でやっていまして、

去年、「ロミオとジュリエット」でロミオ役を演じていた菅田将暉さんと、

(モンタギュー役の塾さんのご子息だったんですよね♪)

連続ドラマ常連の遠藤憲一さんとが入れ替わるストーリーなんですが、

総理大臣とその息子(しかもバカがつく)がっていう斬新さ!

そのお二人の演技も素晴らしいながら、

総理の秘書役を演じている高橋一生さんが面白すぎて!

泣きながら笑ってしまう、情緒不安定になるドラマです。

その高橋一生さんをここで起用するなんて!

蜷川さん、さすがトレンドをよくご存じだわあ!って尊敬しちゃいました!

 

シナリオクラブのアドバイザーの誰かもたぶん、いやきっと出演すると思いますので、

その時はまた続報をお届けしますね!

 

まずは、伝説の舞台「NINAGAWAマクベス」、

(わたくし観終わる瞬間が怖い、っていうくらい今からドキドキするほど楽しみなんですが)

瞬間瞬間を目に焼き付け、心に刻もうではありませんか!!!

 

清家さん、塾さん、青山さん、

出演者の皆さま、天候が不順ですので、

ご体調お気をつけてお過ごしくださいますように。

 

すたっふブルーでした。

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ