NINAGAWAマクベス観に行ってきましたBYみな


9/20(日)シナリオクラブのシルバーウィーク第一日目に

「NINAGAWAマクベス」を観に行ってきました。

 

清家さん、青山さん、塾さん三人のアドバイザーが揃っての舞台を拝見するのは

去年、さいたま芸術劇場で公演した「ロミオとジュリエット」以来で、

客席から御三方の活躍を拝見するのを心待ちにしてました。

先に観劇されていた、会員さんや、青柳さんから感想を教えていただき、

待ちに待ったこの日を楽しみにしておりました。

 

17年ぶりの再演、もしかしたらこれが最後になってしまうかもしれない(>_<)

短い観劇人生で伝説の舞台を拝見できる。

蜷川さんと同じ時代に生きててよかったーー

 

なんだか、いつもより人が多くて

中に入っても人がわちゃわちゃいて、時代劇ということもあってなのか、年齢層は割と高めでした。

前のブロックの通路を挟んだ2ブロックで通路側♡

トイレに行きやすい席で助かりました( ´∀`)

目の前には舞台一面に広がった仏壇が!!!この中でお話が始まるのか!!

そして開演ブザーが鳴ったのですがなかなか始まらない。

暫くして二人のおばあちゃんが通路に現れて、舞台に上がっていき、仏壇の扉を開けていよいよ開演!

 

扉のを開けると障子(?)があって、障子越しに桜の木と魔女三人。

この中に清家さんがいるんだと思ってみてましたが、

化粧もされてたし、見た目じゃ全然分からなかったのですが

声を聞いてようやく清家さんだと分かりました。

市村さんマクベスと橋本さんバンコォーに不気味がられている魔女三人。

なんだかとても可愛らしかったです。

 

二幕目の清家さん。また魔女たちから芝居は再開。三人の魔女がふたたびマクベスに会う場面。

清家さんはベロをずっと出していたので、どれが清家さんかすぐわかりました(^v^)

時代劇だからこそできる白塗り魔女の魅力

 

一幕の始めの方に青山さんが老人役で市村さんとお話をしているのですが

私の中の青山さんのイメージが占い師や薬屋と、いつもミステリアスな役ばかりだったせいか、

ほっこりした役を見て新鮮な気持ちと、

どんな役でも存在感を放つ青山さんは凄さに驚きました。

 

市村さんマクベスは私の中の印象はとてもおだやかで、やさしそうな感じが出ていて、

冒頭のマクベスは正義感溢れる素敵なお方だったのが覗えました。

マクベスがこれからどんどん精神が落ちていって魔女の言葉に翻弄されて

マクダフに殺されてしまうなんて本当に考えられないくらい市村さんの勇敢で穏やかなお姿。

私マクベスってお話しか知らなかったのですが、いやな奴っていう印象が一気に崩れました。

 

田中裕子さんマクベス夫人は市村さんマクベスと全く逆で、

おだやかで、やさしそうな田中さんが悪女になることは想像しにくかった

のですが、マクベスを叱責する時の説得力。

動き方や立ち振る舞い、堂々と演じていらして、たくましくて、かっこよかったです。

二幕で夫人が死んだ報告を聞いたマクベスは蝋燭に囲まれて孤独な感じがすごく出ていて、

ただ、切なかったです。あたしの中の印象ですが旦那を利用してのし上がろうというよりは、

旦那の出世のため、必死に旦那を引き立たせる夫思いの妻という印象でした。

なので、マクベスが妻の死の報告を受けた時はとても切なかったです。

 

マクダフを演じられていた吉田綱太郎さんも相変わらず、勢いのある演技をされていて、

あの勢いに負けじと戦う市村マクベスも素敵でしたが

「腹を割って生まれた」のセリフで市村マクベスが怖気づいてしまうのは納得。

 

塾さんは、マルカムとマクダフと協力してマクベスを倒しに行くシーワードを演じられていたのですが、

塾さんも背が高くて、たくましい武将を演じられておりました。

やはりシェイクスピア作品は塾さん役にはまりますね♡

 

マクベスはマクベスとマクベス夫人の物語なのだと感じました。

マクベスの物語は登場人物のほとんどが家族を暗殺されたりして悲しい要素満載なのですが、

暗殺を企てたマクベスが夫人を亡くして一人になってしまうところがなんとも切なかったです。

感想を書くのが遅くなってしまい、明日で千秋楽を迎えてしまうNINAGAWAマクベス。

桜の木や、マクベス邸での宴会、障子越しの魔女、亡霊に見える鎧兜、
蝋燭に囲まれてマルカム群を進撃を待ち構えるマクベス。

色々な場面が目の前で起きて、心に残る素敵な演出でした。

来週には老人の青山さんと魔女清家さんにお会いできる(^v^)

IMG_1647

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ