「放浪記」を観てきましたBYみな


hourouki_omote5

仲間由紀恵さん主演、角間さんご出演の放浪記を観てきました。

 

初シアタークリエにきちゃいました。

いつも蜷川さんのお芝居ばかり観ていて、

コクーンかさいたま芸術劇場ばかり行っていたので新鮮でした。

入口は狭かったのですけど、席は座り心地よかったです♡

劇場の中の売店にはお弁当も売っていて、休憩中は席でお弁当も食べてよかったり、

放浪記グッズのなかにカステラやおまんじゅうがあったり、

見慣れない光景が…笑

 

私は初「放浪記」なので森光子さんと仲間由紀恵さんとの比較は出来ませんが

林芙美子の一生を楽しく拝見することが出来ました。

 

主役の仲間由紀恵さんはテレビで見る通りお綺麗で、ライバルの日夏京子役の

若村麻由美さんも劣らず美しくて、眼の保養になりました。

 

男に苦労する林芙美子のでしたが、目の前に立つ仲間さんはとても綺麗なので

色んな男から不細工とののしられるところは多少の違和感が…

詩人仲間たちと楽しそうに演じられたり、後輩の女給を助けたり、

ちょっとお転婆で御茶目な姿は可愛らしく演じられていたと思えば、

男の人に恵まれなく、途中何度か目をウルっとさせたり

それ色っぽくてとてもお綺麗でした。

 

尾道の実家に戻った家に角間さんが演じる芙美子の養父はとても優しそうで

角間さんらしいの優しい人柄という感じでした。尾道弁のセリフをスラスラおっしゃっていて

素敵でした(#^.^#)

その他にもカフェの客だったり、出版記念会のお客だったり、気づいたらいたりして

角間さんを探せ状態でした。

 

シナリオクラブでちょこっとお手伝い下さった芝村洋子さんは占い師役でご出演。

普段のおしとやかなイメージと違って、ダークな感じですが、芙美子を心配する

やさしい占い師でした。その存在感は、たくさんの役の中でも、印象強く残して下さいました。

舞台で拝見するのは初めてでしたが、とてもお上手で感動しちゃいました。

 

尾道のやカフェの場面なんかはセットが回転したり、セットも忠実に作りこまれていて、

ビンボー時代とお金持ちになった後の家の綺麗さが全然違ったり、カフェのシーンは

後ろにちゃんとカウンターとバーテンダーがいたりして、蜷川さん舞台とまた違う大掛かりなセットでした。

休憩時間が三回もあったのですが角間さんいわくクリエは小さいので一回セットをバラして次のセットを

組み立てるので休憩を多くとっているそうです。

いちいちバラすのは大変そう (´・ω・`)

 

主役の仲間さんはずーと出ずっぱりで、いないことがないぐらいずっと舞台に立っていて、幕が変わるたび

衣裳や髪型を変えられて休む間なんてとてもなさそうでした。

主役を務める大変さ、商業演劇の大変さを観て森光子さんがずっと続けていらしたことを

改めてスゴイことと感じました。

 

開場は満員御礼で、大変好評のようです。

もしかしたらこれからも続いてくかもしれないですね

 

角間さんは地方公演も行かれて2月まで放浪記にご出演されております。

戻ってきたら色々お話聞かせてもらおうと思います。(^v^)

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ