ご来場ありがとうございました!第5回発表会『王女メディア』完


2月16日。本番当日。開場時間。

受付には、出演者のご招待者や、シナリオクラブの会員さん、
インターネットを見たという方、ぞくぞくといらっしゃいました。

まだ雪がたくさん残るなか、本当に感謝申し上げます。

客席はありがたいことに、ほぼ満席!!!

13時の回は、結局ゲネプロができなかったA班から。
さぞ緊張なさっていたことでしょう。

客席から清家さん、羽子田洋子さん、塾一久さん、
A班のときにはB班の方々が、
B班のときにはA班の方々が見守るなか、
(わたくしは袖から。祈るような気持ちで)
あのカッコいいオープニングからスタートーーー!!!

切込隊長は、リーディングの方から!

緊張感と高揚感で、皆さんとてもいい表情をなさっていました。

メディアの情 ――
愛情、激情、情熱、憐情、切情、哀情、非情・・・
いろいろな情感がうずまいて、
その激しいぶんだけ切なくて、
観ているこちらの心も激しく揺さぶられていきました。

客席からはすすり泣く声があちこちから。
(もちろんわたくしは号泣

そんな「うねり」のようなものに揺さぶられているうちに、
ラストシーンになっていました。

リーディングの人が全員メディアに、
メイキングの人が全員イアソン(メディアのにっくき夫)になりました!

メディアの壮大な復讐の終焉。
その迫力の凄まじいこと!!!!!

アンケートにも、ラストシーンがいちばん印象に残ったという方が
たくさんいらっしゃいました。

カーテンコールには、初めてアンコールがかかりました

まさに、激動の「詠み芝居実験劇」!
清家さん、本当に素晴らしい演出ありがとうございました。

ここで、この『王女メディア』に多大に協力してくださった、
青山達三さんと、角間進さんのことも触れておかねばなりません。

蜷川さんの『王女メディア』初演から出演されており、
「コロス」などの役で、
海外公演を含め、『王女メディア』だけで200を超えるステージを踏まれた方々。

(コロスとは、ギリシャ劇における、「登場人物」と「解説者」の中間にいる役。
この『王女メディア』では、舞台である「コリントス」の女性たちという位置づけ)

このお二方がこの劇に命を吹き込んでくださったと言っても過言ではありません。
「実際に演じていた方々から教えてもらえるなんて!」
と、皆さん喜んでくださっていました。

ことに、この劇の「コロス」へ魂を注入してくださったと思います。
そして実際「コロス」を演じて(読んで)くださったシナリオクラブの「コロス」さんたちは、
メディアに心から同情したり、必死に説得しようとしたり、
健気だし、一生懸命だし、本当に心打たれました。

「メディア」のシーンでは、
鳥肌が立ったり、涙がつつーっとこぼれてきたりしましたが、
「コロス」のシーンのときには、涙がぶわっとあふれてきました。

また、このお二方のほかのアドバイザー、
塾一久さん、平尾仁さん、松田かほりさん、近藤結宥花さんも、
『王女メディア』を読み込んで、たくさんのアドバイスをしてくださいました。
本当にありがとうございました。

雪には本当に悩まされましたが、
こんなに一つにまとまった舞台になるなんて、感激でした。

観終わったお客様から、
「よかったわー」
とお言葉をかけていただいて、さらに感慨もひとしお。
感無量・・・

こんな素晴らしい舞台に関われて、
なんて幸せな人生なんだろうと、
発表会が終わって1週間くらい経った今でも、
しみじみ思ってしまいます

出演者の皆さん、清家さん、アドバイザーの皆さん、
お手伝いしてくださった方々、
そして、この舞台を見守り見届けてくださったすべてのお客様、
本当に、本当にありがとうございました。

そのあとには、お待ちかねの「打ち上げ」!
(わたくしは密かにこれをいちばん楽しみにしている)

やりきった解放感、晴れやかな笑顔、
お互いがお互いを褒めあったり、慰めあったり、
「もおーしわけございません!」と謝ってたり(笑)、
なぜか舞台監督さんも来て、さむーい一発ギャグをしてくれたり
笑顔、笑顔、そして涙・・・。

清家さんも嬉しそう。
「いつか、ボクと共演しましょうね!」
(っっって、それっていちばんの褒め言葉じゃあありません!?)

またこんな感動的な発表会ができて、
本当に幸せでした。
この幸せな余韻はいつまで続いてもいいなあ・・・

というわけで、
ここに関わってくださったすべての方に、
心から感謝いたします。

ありがとうございました!!!!!

また次の発表会でお会いいたしましょう!!!!!

(完)

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ