スタッフから見た「第3回発表会『シェイクスピアの作品たち』」――後編


前編を書いてから1週間以上経ってしまった・・・ まだ、あの発表会の余韻を引きずりながら・・・ 2月26日。 本番当日。 この日は、全員10時に集合。 よく寝られた方も、あまり寝られなかった方も、 「おはようございまーす!」 と元気のよい挨拶から、この日が始まりました。 前日に引き続き、出演されない会員の方も、 受付などのお手伝いにいらしてくださっていました。 それもテキパキと! (ありがたやーーーーホントたすかるーーーー) とうれし涙が出そうなほどでした。 今回のテーマは、全員でつくる発表会にする! でしたので、ポスターにパンフレット、チケットもめくり台の文字も、 全部みんなの手作りでした。 さて! 11時からは、『ゲネプロ』。 (本番とまったく同じ条件で行なうリハーサル) でも、おひとり、電車のなかに忘れ物をしてしまって、 ギリギリ駆け込んできた方がいらっしゃいました。 これは、おっちょこちょいさんだからではありません。 みなさん、気合いが入り過ぎて、 いつもと同じことができない症状です。 そう、わたくしも自販機からおつりを取り忘れそうになったりしましたし、 みなさんも同様なことをおっしゃっていたので、 それぞれ、ほかのことがおろそかになってしまうほど、 いかにこの舞台に集中していたかということですね。 ゲネプロが始まると、 また一気に気合いと緊張が高まってきました! 前日より、断然よくなっている! 集中力がみなさんスゴイ!!! 言い方はよろしくないかもしれませんが、 この自己陶酔力というんでしょうか、 役になりきってる度が、さらにパワーアップしているではないか!!!!! ・・・面白い。 プロの舞台ならば、この類いの演技は好き嫌いが分かれるところなのでしょうけれども、 会員さんたちはほとんど素人さんの集まりなので、 いつもお見かけする教室の顔とまったく違う顔つきになっているのが とても・・・ お美しいーーーーー!!!!! 人が本気になるときの表情って、 ほんとうに美しいんですよねー。 役の、悲しみ、苦しみ、怒り、(今回は悲劇中心だったので) そういう感情に、会員さんたちがご自分の人生経験をぶつけて 役と向き合い、演技をしているのがとてもよくわかりました。 ちょうど、1時間半。 清家さんも、もうこの通りやれば大丈夫って、 太鼓判を押してくださいました。 午前中だけ観にきてくださった会員の方も、 素晴らしかったです!とおっしゃってくださいました。 さあて! あとは本番を残すのみ! スタッフは、お客様がたくさん来てくださるか、 来てくださったら来てくださったで、ちゃんとお席にご案内できるか、などなど そんな打ち合わせを済ませて開場の準備をして・・・。 さあ本番です!!!!! 前説も会員の方が、ユーモアたっぷりにしてくださって、 会場は一気になごみました。 今回も清家さんの演出は、客席のなかからひとりひとり舞台にあがっていく、 というもの。 わたくしのとなりの会員さんはちょっと緊張していて、 (わたくしも、でしたが) 「せっかくだから、楽しんでやりましょうねっ」 と自分にも言い聞かせるように、 まずはその方を舞台に送り出しました。 オープニングはまず4人の方が、 一直線に立ち、この舞台の進行を説明する進行役をします。 この4人がしゃべりはじめただけで、 もう泣きそうになりました。 そして、次々に舞台に上がって行かれる方たちも、 はじめての舞台の方だっていらっしゃるのに、 そりゃあもう堂々と、 キラキラ輝いてまばゆいばかりに演技していかれました。 ああ、わたくしの出番だわ! 久しぶりにテンパった、というんでしょうか、必死でした。 舞台で自分の手が震えているのに気づいてしまいました。 でもまあ、その役もテンパってる人の役だったので、ちょうどよかったと言いましょうか、 あとで清家さんが、 「よかったよ、必死ってかんじで。」 と言葉をかけてくださいました・・・。ははは。 そして、また舞台は続いていきます。 一度舞台に上がった人は、舞台奥にスタンバイエリアがあって、 そこのイスに座って次の出番までそこにいるのでしたが、 間近で(ウラから)熱演を観るのもなかなか経験できないので すごくよかったです。 ときには笑いをこらえられず笑ってしまったり、 ときには固唾をのんでしまったり、 とても伝わるものがありました。 エンディングはみんなで歌を大合唱するのでしたが、 みんなもうノリノリで、 「はじける」とはこういうことを言うのだろうと思いました。 みなさんの成し遂げた感いっぱいの、その晴れやかなお顔は とうてい忘れられません。 みなさん、ほんとうに素晴らしかったです。 みんなでつくりあげた舞台、 大成功でした! 清家さんも、 あとで「ちょっと泣きそうになった」 と言ってくださいました。 この構成とこの配役、 ほんとうにお見事! お客さまもとても盛り上がってくださいましたし、 舞台と会場がひとつになった、 ほんとうに奇跡のような舞台となりました。 みなさま、 ほんとうにほんとうに ありがとうございました!!!!! あー楽しかった。
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ