『ファウストの悲劇』ファウスト伝説


エリザベス朝時代のイギリスを代表する劇作家 クリストファーマーロウの最高傑作、 蜷川幸雄氏演出 『ファウストの悲劇』 2010.07.04~07.25までBunkamuraシアターコクーンにて公演間近です! シナリオクラブのアドバイザーである清家栄一さんも出演される為、 舞台稽古に入られています。毎日大変そうですが、 稽古のお話を伺う度にワクワク感が増します!楽しみだなぁ~♪ さて。 この『ファウストの悲劇』の主人公は、 実在したゲオルク・ヨハネス・ファウストゥスがモデルであろうと言われています。 彼について語られている事のどこまでが真実であるかは、曖昧なようですが、 伝説によると、より深い知識、若さ、美しい女などを求めて、悪魔メフィストフェレス契約を結んだファウスト。 赤い眼をした犬の姿の使い魔を連れ、酒樽や乾草の束にまたがって空を飛んだり、 死霊を呼び出す事もできたといいます。 尽きることない知識欲を限界まで追い求め、神に成る可く悪魔に魂を売ったファウスト。 ファウストはどんな最期を迎えたのでしょう・・・・・・・ 続きは是非劇場で!!おたのしみに♪
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ