蜷川さん演出『海辺のカフカ』観てきました


今、さいたま芸術劇場で演っている 蜷川幸雄さん演出の 『海辺のカフカ』 観てきました。 これは清家さんやシナリオクラブのアドバイザーさんが 出演されているわけではないのですが、 清家さん、羽子田さんのおススメもあって、 機会があったら観たいなあと思っていて、 チケットが取れたので行ってきました! 会員さんも観た方がたくさんいらして、 ちょっとお話は聞いていたのですが、 これは映像なのかっっっ!? と思ってしまうくらい、 舞台のセットが入り乱れて世界を創ってくれていました。 (涙ぐましい黒子さんたちのご活躍。。。) ざっくりした感想ですけど・・・ 村上春樹さんの世界観がそのままそこにありました! (たぶん) 『海辺のカフカ』の本は、帰りに買って読みました。 (本が原作だったら、舞台を観ていてちょっと 腑に落ちないところもわかるのかなあと思いまして・・・) そしたら、今日観てきた役者さんたちが、 その本の中に生き生きと生きていたのです。 役に合わせてキャスティングされたのでしょうけど、 本当にピッタリでした。 カフカ役の柳楽さん、佐伯役の田中裕子さん、 大島役の長谷川博己さん、ナカタ役の木場勝己さん、 ジョニー・ウォーカー役の新川さん、 カーネル・サンダース役の鳥山さん、 さくら役のサトエリさん、 カラス役の柿澤さん、 星野役の高橋さん、 医師役の妹尾さんに警官役の堀さん、 岡持役の蜷川みほさん、 カワムラ役のマメ山田さん・・・ 挙げたらキリがないのですが、 本当にもう全員が全員、 とってもよかったです!!! みんなキャラクターにひと癖もふた癖もある役どころなのに、 パンフレットにも書いてありましたが、 スタッフ・キャストが 村上ワールドを創ろうと一丸となったというのが、 本当にうなずけました。 世界中にファンの多い村上さんの作品、 本当に苦労されたのだろうなあと思います。 (直前まで手直しされてたっぽいですし・・・) パンフレットに蜷川さんは 「村上さんにだけは見られたくないなあ(笑)」 と書いてあったのがカワイかったです。 まあ、残酷なシーンや過激なシーンがありますので、 すべての方におススメというわけではありませんが・・・ その対比としての美しさ、 それがあるからこその美しさみたいなものが、 心に残る・・・ うまく言えませんが、 歴史を見たぞっっって感じの すごい舞台でした!!!!! やはりスゴイです。 蜷川さん。。。
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ