『飯田荘平くんとリーディングパーティ』


11月18日、日曜日。 声優・ナレーター、そしてミュージシャン(大道芸)、 さらにこの2月までシナリオクラブ・スタッフだった 飯田荘平くんを招いて、リーディングパーティを行ないました。 飯田くんがシナリオクラブ・スタッフだった頃は アドバイザーではありませんでした。 ということは、今回、スペシャル・アドバイザーということで、 昇進して戻ってきたということです もともと、女性が多いシナリオクラブ・メンバーにあって、 飯田くんはとても人気者でした。 今回も、「飯田くんに会うために参加しましたー」 なんていう方もいらっしゃいました。 ありがたいことです。 さて今回、飯田くんのチョイスした作品は、 アガサ・クリスティーのミステリー。 リーディングパーティではミステリーはよく扱うテーマではあるわけですが、 さらにひと工夫加えて、「一人一役」で読み、「レコーディング」をしよう! ということになりました。 (ラジオドラマみたいな感じですね) 録音するってことで、ちょっと緊張もしましたが、 一人一役は、その作品のなかに感情移入しやすくて、 ラストを知らずに読みすすめて行くリーディングパーティでは、 とても読みやすかったし、聞きやすかったような気がします。 大作で、読み時間だけで3時間。 とても読み応えがありましたが、 ラストまで一気に読んでいき、 「わたしが犯人だったーーー」 ってなって楽しかったです。 皆さん、役になりきるのがうまいんですもの。 殺人現場に、偶然現れた謎の男。 その夫を殺したのだと、なぜか主張するその美人妻。 それを取り巻く、ひと癖もふた癖もある館の住人や警察の面々。 見事に演じきってくださいました! 参加された皆さま、 そして飯田くん、 本当にありがとうございました
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ