第20回読売演劇大賞―蜷川幸雄氏が受賞!


2月4日、 『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』の東京公演・千秋楽の次の日、 素晴らしいニュースが飛び込んできました。 第20回読売演劇大賞を蜷川幸雄さんが受賞されました! おめでとうございます!!!!! 受賞対象となった作品は、 2012年11本もの高い水準の作品を世に送り出したなかから、 「2012年・蒼白の少年少女による『ハムレット』」と、 『シンベリン』ですって。 『シンベリン』は、 シナリオクラブ・チーフアドバイザー・清家栄一さんもご出演されていました。 よって、わたくしも、観に行かせていただきました! わたくしが申し上げるのもなんですが、 『シンベリン』は本当に、本当に面白かったです! お腹がよじれるほど笑えましたし、 お一人おひとりの演技も本当に素晴らしくて、 何より、お話がものすごーーーく分かりやすかったです。 演劇って、面白いなあ!って改めて実感しましたし、 ロマンス劇という難しいカテゴリーを、 よくぞあそこまで面白くしてくださいました!と感激しました。 シェイクスピアの本場、 ロンドン公演も大絶賛だったみたいですしね! 大竹しのぶさん、阿部寛さん、 吉田鋼太郎さん、鳳蘭さん、 勝村政信さん、浦井健治さん、瑳川哲朗さんも本当に素晴らしかったのですが、 そのときなんといっても、窪塚洋介さまがーーー 素敵すぎてやられました! (あっ、もちろん清家さんの次に・・・) 是非また蜷川さんの舞台で観たいです! 残念ながら、『ハムレット』のほうは見逃してしまいましたが、 シェイクスピア通の方が、 今まで観た『ハムレット』のなかでいちばん!とおっしゃっていたので、 これもまた素晴らしかったのでしょう。 途中の有名なシーン 「To be , or not to be 」 のところで、こまどり姉妹が登場したんですよね! その見せ方の落差で、よけいにハムレットの純粋さ、繊細さ、透明感・・・、 みたいなものが観る人たちの心に届いたのではないでしょうか。 今は、さいたまネクストシアター次回公演、 「2013年・蒼白の少年少女による『オイディプス王』」の稽古中の蜷川さん。 ギリシャ悲劇の定番とも言えるこの作品、 過去に蜷川さんも何度か演出されてきていますが、 同じやり方は使わないのが蜷川さんだと思うので、 どんな作品になるか、本当に楽しみですね! 本当に、才能があふれて、尽きることなく、 次から次へと人を喜ばせてくださって、ただただ尊敬です。 ちなみに蜷川さんの埼玉関連の受賞はこのように ↓ (埼玉芸術文化振興財団ホームページより) ■大賞・最優秀演出家賞 蜷川幸雄(『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』、『シンベリン』) ■優秀作品賞 さいたまネクスト・シアター第3回公演『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』 ■優秀女優賞 大竹しのぶ(『シンベリン』他) ■優秀スタッフ賞 中西紀恵(『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』の美術) 皆さま、本当におめでとうございます! これからも素敵な舞台を創っていってくださいね!
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ