笑顔!涙!――第4回発表会『三島、官能、陶酔。』報告!―その2


第1部は約1時間40分。 瞬く間に第1部が終わって、 第2部へ――! キャストが総入れ替えとなり、 同じ演目が同じ内容で始まります。 でも、キャストが違うと、また違う味わいの作品になります。 見比べるのもまた楽しいですよーと、 2部とも観てくださる方もたくさんいらっしゃいました。 今回は、初めて2部制になり、 お客様がどれくらい来てくださるだろうか・・・と思っていたのですが、 ざっと2部合わせて170名くらいの方に観ていただくことができました。 ご来場本当にありがとうございました。 2日前からの非日常な日々も、 泣いても笑っても、これが終わればしばらくお別れです。 さあ! 『班女』が始まりました。 こちらも、めくるめく官能の世界に――!!! いつもはとっても穏やかで優しい声の会員さんが、 ヒステリックにセリフを言ったり、新聞を引き裂いているのが、 本当にビックリするくらいいつもと違ってて、 この幕開きにもドキドキさせられました。 こちらの花子さんは、ずっと微笑んでいて、 なんだかお花畑を想像させられました。 花子を迎えに来る吉雄さんも(女性だけれども)超男前ーーー 三島の世界観がよく描かれていたのではないかと思います! 『卒塔婆小町』。 こちらも、素晴らしかったですーーー! こちらの老婆は、ただの老女というだけでなく、 さらに怪しい雰囲気がありました! すっごいなあ! 詩人役は、言葉にすごく説得力があり、 世界に引き込むのが上手いわあーーー! と思って観ていたのですが、 終演後の打ち上げの席で、1人の詩人さんが、「上手く言えなくて悔しかった!」 と悔しがっていたのが驚きでした。 詩人にしか見えなかったのに・・・ この感覚は凡人が理解不能な、トップクラスの方が何かを究める感覚と同じなのでしょうかね。 その悔しがりに・・・拍手! そして最後の演目『弱法師』。 こちらの育ての親夫婦を演じたお2人もすごくよくて! 「どうせごまめの歯ぎしりなんだ」 って言うセリフが耳に残って仕方ありません! 生みの親夫婦のお2人も、素敵でした! 母親役の方の初舞台ながら思いっきりのよさにはホレボレしちゃいました そして2人の俊徳も、 第2部は第2部でこれもまた素晴らしくて! 世界の終わりを語るシーンのセリフは、本当に胸に突き刺さってくるように、 情景が目に浮かぶようでした! こうして官能と陶酔の時間は過ぎてゆき、 あっという間にカーテンコール!!!!! 舞台袖にいたわたくしは、 お一人おひとりにお礼を申し上げたい気持ちで、 笑顔と涙とが入り混じった表情を、 とても幸せな気分で見ることができました。 やりきった感も、悔しさもあったと思いますが、 それはまた次の発表会で―― どんどんレベルアップしていくシナリオクラブ発表会! 次はどんなステージになるのでしょう! 皆さま、どうぞご期待くださいね!!!!! ただ・・・ 2日経ったいまも、音楽がまだ頭のなかで鳴っています・・・ わたくしの陶酔はまだもうちょっと覚めそうにありません・・・ もうちょっとこの官能の世界に浸っていようと思います。 皆さま、本当に本当に、ありがとうございました (つづく)
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ