3月リーディングパーティ「文学座・山本道子さんと『女の一生』を読む!」


3月17日、日曜日。 たとえば大学を受験する人が、 入る入らないにかかわらず、 東京大学を意識するのと同じように、 演劇を志す人にとって、 入る入らないにかかわらず、 意識したことがあるのが「文学座」ではないでしょうか。 ウワサによれば、 入団できる確率は何百倍で、 「東大に入るより難しい」と言われています。 そんなエリート・オブ・エリート「文学座」の方を、 いつかリーディングパーティにお招きしたいと思っていたところ、 12月に羽子田さんと、 『トロイアの女たち』で共演されていた、 山本道子さんが、来てくださることになりました! カンゲキ!!! シナリオクラブの会員さんにもファンの多い「文学座」。 会員さんたちも口を揃えて「あの人たちは本当に上手いよね」っておっしゃいます。 リーディングパーティをお願いするにあたって、 羽子田さんと一緒に、吉祥寺のシナリオクラブへ来てくださった山本さんは、 とっても気さくで優しくって、 舞台で観る山本さんも素敵だけれど、 普通のときの山本さんもとっても素敵な方で、 お会いしてすぐ大好きになりました ・・・と前置きが長くなってしまいましたが、 何を読んでくださるかを決めるとき、まず候補として名前が挙がったのは、 代表作とも言える『女の一生』でした。 杉村春子さんの当たり役で、30年以上演じられ、 その後、平淑恵さんに引き継がれ、 近年は江守徹さん演出により再演もされた作品。 戦争によって孤児となった少女が、 とある実業家の女中となり、見込まれて長男の嫁となり、 やがて実業家の才能を発揮し、 一家を支えていくようになるのだが・・・ 山本さんのリーディングパーティは、 まずはウォーミングアップで「外郎売」から。 読み合わせは、 「話は知ってて当然でしょ」って感じは一切なく、 舞台の様子や、登場人物を丁寧に説明してくださったり、 「ここが有名なセリフよ」って教えてくださったりしました。 「ト書き読むわね」と言って最初のト書きを読んでくださったとき、 空気がギュってなって、トリハダものでした! 途中、杉村春子さんのエピソードを教えてくださったり、 参加されている会員さんを「上手い、上手い」と褒めてくださったりしながら、 優しくみんなを『女の一生』の世界へ連れていってくださいました。 読み終わると、 「いい話でしょ」と言ってニッコリ。 そして、 「みんな上手いからずっと続けてね」 そして会員さんのサイン攻めにも 「サインなんかないのよ」と言いつつ、 お一人おひとりに書いてくださいました。 本当に、ありがとうございました、山本さん! パーティというのにふさわしい、 とっても素敵なリーディングパーティでした!!!
シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ