第8回発表会「さまざまな時代のおんなたち」大盛況でした! その1


_MG_3889_R

2016年7月17日(日)

12:00~と、15:30~の2回、

武蔵野芸能劇場において

シナリオクラブ Performance8 ――第8回発表会――

「さまざまな時代のおんなたち」

を開催いたしまして、たくさんのご来場をいただき、

大盛況のうちに幕を閉じました!

 

まずは、ご来場いただいた皆さまと、

ここまでご協力いただいた皆様に、

心より感謝の意を表したいと思います。

 

誠にありがとうございました!!!

 

劇場入りしたのはこの2日前の金曜日。

この日、初めてこの劇場に立った方もいらっしゃいます。

 

金曜日、みんな集まったとき、

「よし!がんばろう!」

みたいな空気もありましたが、

ここ1週間のうちに、足を怪我されたり、

喉をやられて声が出なくなってしまったりした方もあって、

正直「本番、大丈夫かな・・・」っていうのもありました(^^;)ので、

スタッフは、安全を心がけて、気を引き締めていこう!

と心に誓いました。

 

ここ数年、小道具が増えて、

転換(運搬も)が年々大変になってきているのですが、

そこは清家さん羽子田さんが、

しっかり練習中のときから転換の稽古もつけてくださっていたので、

とてもうまくいきました。

 

今回は、各回それぞれ5作品ずつの上演でしたが、

同じ作品でもキャストが違うなど、

全部で9チーム。

 

それぞれの泣き笑いの3日間を、

ちょっと振り返っていきたいと思います。

 

まず作品1

「モラル」のリーディングから。

_MG_1635_R

_MG_1685_R

開演時間前、

幕の後ろに全員がスタンバイし、

開演時間になると、軽快な音楽がかかり、

清家さんが指定したタイミングで、サーーッと幕が開くと、

そこから颯爽と全員が現われてご挨拶!

場内からは拍手が起こりました!

 

上手下手にわかれて退場すると、

そこには「モラル」の出演者だけが残っている。

 

そして「モラル」スタート!!!

 

「モラル」とはいえ、モラルがない人たちのお話なんですが・・・。

あり得ないセリフの応酬を、その役になりきってテンポよくかけ合って、

劇場をグッと引きつけてくれました。

 

物語が終わり、舞台が暗転となったときに、

会場から拍手が起こったのです!

(プロの舞台とかでも「ハイ、ここ拍手するところですよ」ってならないと、

なかなか幕間で自然に拍手は起こらないって羽子田さんが)

 

なにかもう、熱くこみ上げてくるものがありました。

あたたかい観客の皆さまにも感謝です!

 

 

続きまして、ここから「ドラマメイキング」(演じる)部門。

 

作品2

「十三夜」

_MG_1909_R

_MG_1850_R

_MG_1892_R

不意に里帰りしてきた娘との再会を喜んだのもつかの間、

夫の仕打ちに耐えかねて、離縁したいと打ち明けられた。

 

母は離縁は致し方ないと同情するが、

父は「本当にそれでいいのか」と優しく諭す。

 

しばらく三人で涙にくれた後、

娘は家へ帰ることを決心する――

 

三人の息の合った自然な演技と、

清家さん羽子田さんのチョイスした曲や、

時折聞こえる秋の虫の音がマッチして、

樋口一葉の世界観の情緒ある風情を見事に表現し、

会場中を涙に包み込みました。

 

その2へつづく〉

 

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ