蜷川幸雄さん追悼公演『ビニールの城』観てきましたーーー!!!


IMG_0422

IMG_0423

IMG_0426

病室に台本を持ち込んで、

本来ならば蜷川幸雄さんが演出するはずだった、

Bunkamuraシアターコクーン

唐十郎さん作、森田剛さん宮沢りえさん荒川良々さんら出演の、

観たくてたまらなかったけれど、観たら観たで淋しくなっちゃいそうだったので観たくなかった、

『ビニールの城』

すたっふブルー、観てまいりましたーーー!!!

 

石橋蓮司さん緑魔子さんの第七病棟版は未見ですが、

唐さんのお芝居が大大大好物のわたくしにとって、

テントで観るのもよいのですが、

蜷川さんのダイナミックな味つけによって、

さらにスケール感がアップする唐作品X蜷川演出は、

このうえない幸せなコラボだったので、

とってもとっても楽しみにしていたのに・・・蜷川さん。

 

でも演出の金守珍さんは、蜷川スタジオにも

唐さんの状況劇場にもいらした方で、

近年の蜷川さんX唐さんの『下谷万年町物語』にも『盲導犬』にも出演し、

ご自身の主宰する新宿梁山泊でも唐さんの作品を数多く演出してらっしゃる方。

 

また、宮沢りえさんは唐作品のヒロインとしても、

ここ最近の女優さんのなかで、

蜷川さんの絶対的な信頼があった方だし、

この『ビニールの城』はそもそも、宮沢りえさんありきの企画だったと思われますし。

 

ジャニーズの演技派・森田剛さんも、

蜷川さんから認められていた俳優さんだし、

TVで蜷川さんのお話をされたとき、ポロポロと涙をこぼしながら、

蜷川さんに感謝の気持ちを語ってらした。

 

皆さん、この追悼公演には、並々ならぬ覚悟があったはず――

 

そういった点ではわたくしも、並々ならぬ期待満々で観に行ったわけですが・・・

結果から言ってしまいますと、オールスタンディングでカーテンコールは6回、

客席が明るくなって「本日は――」っていう場内アナウンスが始まっても、

拍手が鳴りやまないような、そんな熱量ハンパない舞台でした!!!

 

ええッ!ジャニーズの人にこんなことまでさせちゃっていいの!?

っていうくらい、森田剛さんは身体を張っていらっしゃいました。

全身全霊で、人間に心を開けない腹話術師「朝顔」を演じてました!

 

唐さんの作品を 金さんが

「泥水のなかに穢れなき美しきものがあり、

ナマモノのなかに無味無臭の永遠がある」

と評してましたが(ホント、そう!)

本当に、森田剛さんはそれを体現するかのごとき演技で、

濡れても酔っぱらっても殴打されても水没しても、

混乱しても拒絶しても錯乱しても、

ドブネズミみたいな美しさ(THE BLUE HEARTSの)っていうんでしょうか、

かえって内面の美しさが際立つ、みたいな!

これからも、唐さんの作品いっぱいやってほしい!!!

 

相対する宮沢りえさんも、

身体張ってて、全身全霊のまさに体当たりの「モモ」でした!

「モモ」は、ビニールをかけられた状態の成人向け雑誌(エロ本)、

つまりビニ本のなかに載っている、ヌードモデル。

このビニールの向こう側には、いったいどんな世界が広がっているんだろう、

という妄想をかき立てる、あっちの世界とこっちの世界を隔てる、この薄い膜。

この膜=ビニールが本当によくお似合いなんです、この方。

「Santa Fe」知ってる世代のわたくしたち、

あの頃ヌードの概念を覆されるほどの衝撃だったけれど、

今のほうが美しいし色っぽいし艶めかしいと思う!

まさに「モモ」でした!!!

 

「夕一(ゆういち)」役の荒川良々さんも、

モモを愛しても受け入れてもらえない切なさを、哀愁漂いまくりな演技で、

演出の金さんが、「蜷川さんの完璧なキャスティングのおかげで、

演出の半分以上を占めていたようなもの、

僕はその良さを引き出すだけでよかった」

というようなことをおっしゃっていましたが、

わたくしが知る荒川良々さん史上、最高にセクシーだったと思いました!

本当にこのキャスティング、とってもとってもよかったです!!!

 

蜷川さん、天国で「ほら、な」とドヤ顔されているのでしょうか。

それとも毎日、客席から観ていらしたのでしょうか。

 

とにかく皆さん、舞台の端から端まで、

蜷川さん唐さんへのリスペクトにあふれていて、

じーーーんと胸熱でした!

 

ちなみに、わたくしシアターコクーンに行ったのは「元禄港歌」以来でした。

つまり、蜷川さんがいなくなってから初めて行ったわけですが、

やっぱり・・・淋しかったです。

 

劇場には、これまでの蜷川演出作品の写真パネルがいっぱい貼られてたのはいいんですけど、

これからもう、この写真が増えることがないんだと思うと・・・

 

でも、森田剛さんも宮沢りえさんも金守珍さんも、

もちろんこの舞台には出てない清家さんや蜷川組の皆さんや、

藤原竜也さんのような蜷川さんに育てられた方々も、

みんなみんな蜷川さんの心を引き継いでいかれると思いますし、

今回改めてそう確信できましたので、

これからもそういう方々を応援していきたいと思います!

だから、世に出てない、蜷川さんのあっためてた企画がまだあるなら、

どんどんやっちゃってほしいです!

きっと皆さん、大丈夫と思います!!!

 

ともあれ・・・

改めて、蜷川さん、本当に本当に、本当にありがとうございました。

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ