青山達三さん出演「屋根の上のヴァイオリン弾き」間もなく開幕!


シナリオクラブ臨時アドバイザーの

青山達三さんが出演される

市村正親さん主演ミュージカル

「屋根の上のヴァイオリン弾き」

12月5日(火)より日生劇場にて開幕します。

 

日本初演50周年ということで、

皆さまの方がお話はよくご存じと思いますが――

 

市村正親さん演じる「テヴィエ」。

初代は森繫久彌さん、そして上條恒彦さん、西田敏行さんときて、

市村さんは4代目ということになります。

 

原作は「牛乳屋テヴィエ」という小説で、

牛乳屋さん(ヴァイオリン弾きではありません)で、

ユダヤ人で、奥さんと5人の娘がいます。

 

娘をなるべくいい家に嫁がせてあげようと、いろいろ骨を折るが、

なかなか思い通りにはいかない、っていう家族の話を軸に、

ユダヤ人迫害という背景が影を落とし・・・

というようなお話。

 

青山さんは、テヴィエが暮らす村の司祭「ラビ」。

歌のシーンもあるとのことです! ご注目!

 

ところで・・・

 

清家さんたち「NINAGAWAマクベス」の一行が、

先週末のシンガポール公演で大千秋楽を迎え、

ようやく今年のワールドツアーを終えたところですが、

この「屋根の上のヴァイオリン弾き」の稽古期間と、

「NINAGAWAマクベス」の本番はかぶっていました。

 

市村さん、青山さんは、どっちも再演とはいえ、

すっごくハードスケジュールだなあ、って思ってたんです。

いやあ、売れっ子ってホント大変なんですねー、

って自分と比べちゃあ申し訳ないですけど。

ホント、すごいです。

体調のケアとかいろいろ、大変だろうなー。

しかし、それができるからこそ、スターなのかもしれないですね。

 

青山さーん、観にいきますからねー!

楽しみですーーー!!!

 

 

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ