外山誠二さん出演 文学座「鳩に水をやる」観てきました---!!!


2017年12月7日より上演中

文学座アトリエ公演

外山誠二さん絶賛出演中の、

「鳩に水をやる」

観てきました---!!!

 

もうね、外山さんが、最っ高にキュートで、

外山さんを愛でる舞台と言っても過言ではありませんでした!

あー、キュンキュンしたー!

 

作は、1万人のゴールドシアターでもおなじみの、

ノゾエ征爾さん。

 

夏目漱石「夢十夜」に着想を得たそうですが、

ちなみに、黒澤明監督が「夢十夜」を元に作った映画が、

「こんな夢を見た」から始まる、『夢』。

 

この「鳩に水をやる」は、

ノゾエさんによる、「夢」のなかの「落ちる」人々を描いた作品。

穴に落ちる。

生まれ落ちる。

人気が落ちる。

体力が落ちる。

恋に落ちる。

オチのない話。――

 

この物語には、3組の男女が出てきます。

瀬戸際の男女。

ドアの前の若い男女。

老いた男と若い女。

 

そして、それぞれ、

1秒の物語、1日の物語、1年の物語、なのですが、

同じ空間のなかで繰り広げられていました。

 

夢だから、時間軸が多少狂っていようが、

空間が歪んていようが、

地面から人が湧いてこようが、

夢の中なら気にしない。

 

でも、現実と夢は、お互い延長線上にあるし、

お互い影響を及ぼし合う。

夢の中では、「これは夢」って思ってないし。

ノゾエさん的には、日常と地続きの、もう一つの日常の物語として書いたそうです。

 

セットは組まれておらず、

白い枠や、白い布・・・などが小道具となったり、

舞台のセットになったり、

外山さんらキャスト陣が、ダンスやストップモーションをしたり、

時空を上手く表現されていました。

 

って、全然上手く表現できませんけど、

とにかく、夢を見ているような2時間10分でした!

夢を見たことある人なら誰でも共感できる、

そういう、不思議だけど懐かしいお話。

 

そして、何はともあれ外山さんが愛らしい、と。

もちろん、外山さん以外のキャストも、素晴らしかったんですけどね、

今回はもう、感想とかより、外山さん推しで!!!

 

まだやっていますから、皆さまもぜひ観てみてください!

外山さんの可愛さを共有いたしましょう---!!!

 

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ