青山達三さん出演 革新的オペラ「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」


シナリオクラブ臨時アドバイザー・青山達三さんが

INNOVATION  OPERA(革新的なオペラ)

「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」

〈2018年4月21日(日)13時~/17時~ 東京文化会館・大ホールにて〉

に出演されます!

 

世界的指揮者・西本智実さんが、

音楽(歌手・合唱・オーケストラ)と演劇とを融合させ、

能の題材である「卒塔婆小町」を、総合芸術舞台としてプロデュース。

「ストゥーパ」とは、サンスクリット語で「卒塔婆」の語源だそうです。

 

演じるのは、従僧役・青山達三さんのほかに、

小野小町(を名乗る老女)を演じる佐久間良子さんと、

僧を演じる、中山優馬さん。

 

能の「卒塔婆小町」のあらすじは、

諸国を修行している僧侶たちが、旅の途中で、卒塔婆に腰かけている乞食の老婆と出会う。

仏を粗末に扱うとは何事か、と僧侶が説教をするも、

逆に論破してしまうその老婆は、

自分は、かつてその美貌と知性で多くの殿方たちを虜にしてきた「小野小町」だと名乗る。

その中でも深草少将は、特に小町に想いを寄せ、熱心に百夜通いをしていたが、

九十九夜で亡くなってしまう。

その深草少将の怨念が、今も小町に憑りつき、

小町は狂乱のうちに百夜通いを再現してみせるのだった――

 

ちなみに、以前、シナリオクラブ発表会でもやったことがある、

三島由紀夫作「近代能楽集」のなかの『卒塔婆小町』は、

「小町」と名乗る乞食風情の99歳の老婆が、自分の若い頃を語ってみせるうちに、

「自分を美しいと言った男は、みんな死ぬ」と言う。

若い詩人は、最初は笑っていたが、幻想の世界に引き込まれ、

だんだん老婆を美しいと思うようになっていく。

そしてとうとう、「君は美しい」と言ってしまう。

それから「僕は又きっと君に会うだろう、百年もすれば、おんなじところで・・・」

と言って息絶える――

 

どちらも時空を超えて繰り広げられる愛憎の世界ですが、

能のほうはやや宗教色が強くて、三島さんのほうは官能的な世界観、って感じでしょうか。

どちらも、スケールが大きいお話ですから、

オペラで表現したら、きっともっとスケール感が増して素晴らしいでしょう。

 

青山さんは、すたっふブルー的には、僧侶を演じさせたら日本一と思っているので、

登場とともに、ググっとその世界に引き込んでくれるに違いありません。

 

1日しか上演されないのが残念ですが、

ぜひぜひ、ご覧ください!

お楽しみにーーー!!!

 

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ