爆笑!第3回ドラマメイキング発表会!


5/11(日)14時30分と、16時に、
ミニ発表会を行ないました。
ご観覧いただきましたお客さま、
ご来場誠にありがとうございました。

今回は、3作品とも笑える作品ばかりで、
お客様にもとても楽しんでいただけました。

1作品目は、『Big News』。

二人の女性が、「今日の大ニュース」について、
知ったかぶりをしながら、腹の探り合いをするというストーリー。

まず、トップバッターの「仕事がデキる風の女」役の会員さんが、
携帯電話でアドリブを言いながら入って来ます。
もうそこからウケていました!
次に、「大阪のオバチャン風の女」役の方が、レジャーシートを広げても、
また笑いが起こりました!

いつも華のあるお二人の繰り広げる駆け引きに、
いつもとのギャップの可笑しさも加わって、
お腹がよじれました!

2作品目は、『親不孝』。

昭和っぽい、父・母・娘の3人家族のお話。
ちゃぶ台返しと言えばの「星一徹」風なお父さん役の会員さんは、
美しい女性会員さんなのですが、ウィッグに、メイクに、衣裳で、
すっかり日雇い労働者になってしまっていました。

お母さん役の方は、いつも真摯に役作りをされる、小柄で可憐な会員さん。
この日は目の下にクマを作ったり、「やつれメイク」がツボでした!

娘役の方は、とても不良(ヤンキー?暴走族?)な風貌で、
メイクで、ちょっぴり眉毛をつぶしてて、コワくなっていました。
ちなみに、普段は一般企業にお勤めです。
(衣裳も、桜吹雪に四文字熟語の刺繍入りの特攻服!
でしたが、「クリーニングにも出せないし・・・どうしよう」
とおっしゃっていました。)

この娘はこう見えて、勉強はできる、思いやりはある、とてもよく出来た子。
なぜ「親不孝」かというと、お父さんもお母さんも、
「そんな風に育てた覚えはない、いつからそんな子に・・・」
っていうパラドックス。

それで終盤、「生んでくれてありがとう!」と娘が言うのですが、
父母は、「親に向かって、なんてことを!!」「いやああああ!!!」と言って逃げ回る、という・・・。

バカバカしくて可笑しいのに、なんかホロッとくる、お話でした。
まさに「母の日」にピッタリでした!

3作品目は、『カツ丼』。

ある独身OLのアパートに、毎晩9時半になると、
カツ丼が届けられるという、お話。

この作品を字で読んだだけでは分からないのですが、
しぐさや視線などの細かい演技を加えることで、
本当は、この出前持ちが、OLのことを好きで、
他人を装って届けているのか?
と思わせてしまう、ビターでスイートな作品に仕上がっていました。

3作品とも、3次元になることでこんなに面白い作品になるなんて、
ドラマメイキングの醍醐味だなあと思いました。

また、喜劇においては、
観客の笑いが、重要な役割を担うということに改めて気づかされ、
練習過程より、本番の方がはるかに面白かったのですが、
本当に、芝居は生物(なまもの)なんだなあというのを痛切に感じました。
難しいです!でも奥が深いです!喜劇!

これらを経験された会員さんたちは、
1作品は短く、セリフ量もいつもより少なかったかもしれませんが、
その分動きが多かったですし、
とても中身が濃く、また更なるレベルアップをされたに違いありません!

練習風景を見ていましたら、観客にわかるように動きで説明する演技の、
わざとらしくない見せ方というのがあって、清家さん直伝の、そういう小ワザが、
なるほどーーー!とうならされました!
まさに、プロの技!!!

皆さん本当にお疲れさまでした。
清家さんもありがとうございました。

次回もまたよろしくお願いいたします!!!!!

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ