大成功!第6回発表会『岸田國士の短篇集たち』! 感動のルポ〈完結編〉


第6回発表会、ドキュメント第4弾!

今回は、第2部のスタートから。

さて!
第1部が終わったと思ったら、
あっという間に第2部が始まります。

実は、第1部は予定していた演目が増えたため、
少々長くなってしまい、第2部の開場までわずかな時間しかなかったのです。

ロビーは観終わったお客様と、これから観てくださるお客様でごった返し・・・
(あせるスタッフたち

なんとか開場できる状態(ここまでに開場10分押し)にして、
「大変お待たせいたしましたーーー」と言って、
ノンストップで、第2部が始まっていきました・・・

「犬は鎖に繋ぐべからず」
第1部はドラマリーディング(台本を持って演じる。以下「リーディング」)の部でしたが、
第2部はドラマメイキング(セリフを覚えて演じる。以下「メイキング」)の部です。

リーディングの「犬は鎖に・・・」が、めちゃくちゃ大正ロマンだったのに対し、
こちらのメイキングは、着物こそ着てらっしゃるものの、
とってもモダンな感じでした。

というのも、この夫婦役、とっても奥さんの方が強そう
旦那さん役のハリのある声、そして二人のコミカルな演技、
岸田國士の世界は今でも全然古くなくて、むしろ新しく輝かせてくださった!と思いました
(そう思いませんか、岸田さん!)

「留守」
このお女中さんたちの丁々発止のやり取り、
こちらのメイキングの方はより「江戸っ子」っぽさがより出ていて、
こんな会話、本当に昔、どこかにあったかもしれない、って思えるリアリティがありました。

おおらかだけど、どこか適当っぽいお女中さんが、
もう一人のお女中さんにちょっと悪いことしちゃったお詫びのしるしにと、
出前のお寿司をおごってみんなで食べる。
っていうところで終わるんですが、
八百屋さんが本当に喉にお寿司を詰まらせるアクシデント!

あれっ、セリフは???と思っても全然出て来ない!
確かに、気持ちがモヤモヤして胸がつかえて、食べ物が喉を通らない、というシーンでしたが、
これはヒヤリとしました。

が、場内は大爆笑だったので、よしとしましょう。
(舞台袖も、ですが

「驟雨」
このメイキングでの驟雨チームは、
チームが集結したときから、すでに完成形が見えていたと言っていいほど、
役にピッタリな方々で構成されていました。

新婚旅行先から帰って来てしまう妹、
なんとか離婚を思いとどまらせようとする姉、
妹の夫の気持ちを代弁してみせる義理の兄、
自分の目のことばかり気にする女中さん。

完璧に作品として成り立っていましたので、
最後、雨がザーッと降って来て、妹が足止めされるところ、
胸がキューっとなりました。

「ここに弟あり」
こちらのメイキングの弟役は、発表会初参加なのですが、
山形から新幹線で来てくださってるんです。
その山形訛りが、すっごくいいんです!

同棲中の女の子は、こちらも初参加ながら、
セリフに、なんだろう、色気みたいのがあって、
といってベタベタしてるわけではなく、
この弟くんとラブラブなのが、とっても微笑ましい。

対する、田舎から出て来たお兄さん、
弟くんを小さい頃から大事に思ってる弟想いなところ、
最初は反対してた同棲だけど、最後には理解を示すところ、
すっごくあったかくって、ジーンとしました

今まで観てきたどの練習より、
今日この日の演技は素晴らしかったです!

「葉桜」
わたくしにとって、第2部のこの作品がいちばんのヤマ場でした。
(調理アンド食事をしながら演技をするという・・・)

思えば、最初の読み合わせのすぐ後、
清家さんが、感想とかアドバイスとか何よりもまず、「すいとん、作れます?」
って言ったのが、ものすごーく耳に焼きついています。

なんで、すいとん???

これの答えは、打ち上げの時、娘役を演じた方が、
「きっと清家さんにとって、お母さまとの想い出が、
すいとんに込められていたのでしょう」とおっしゃいました。

きっとそうだったんだろうなあ、と胸のつかえが取れ、
ジーンとしてしまい、余計に心に残る作品となりました。

舞台上で作るすいとんが湯気を立てて、ホワーっとなって、
会場中をあったかい空気に包んでくれました
(まあ、劇場では反則技に近い演出だったみたいですが・・・)
最高に攻めた清家演出の、真骨頂でした!

娘の旅立ちに、会場からすすり泣きもチラホラ聞こえましたね。
(やりましたね!清家さん!)

「ヂアロオグ・プランタニエ」
性格の違う女の子が、同じ男の子を好きに・・・!
二人の心が揺れ動く、岸田戯曲の珠玉の作品。

これも、清家演出では、花びらをむしる代わりに、
ジャガイモをむくという・・・

常に先手を打ってくる積極的な女の子と、
最初はその攻撃を受けてタジタジしちゃう消極的な女の子。
でも対話しているうちに、だんだん形勢逆転してくるところなんかは、
背中がゾワゾワしちゃうくらいでした!
(女ってコワイ!)

そして物語は最初の「犬は鎖に繋ぐべからず」へ!
近隣住民会議のカオスに突入し、
第2部も大盛り上がりのなかカーテンコールへ!!!

とまあ、書きたいことは山ほどありますが、
そんなこんなで、2部とも大成功のうちに幕を閉じることができました。

1部と2部両方観てくださった方もけっこういらっしゃいました。
それぞれの良さがあって、本当に2部とも大成功だったと自負しております。
でも、それもこれも、支えてくださるお客様あってこそ。
(出演者を支えてくださったご家族も)
本当に、本当に、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

さ、そしてっ!
衣裳・小道具など、大荷物もパパッと片付け、
後はお楽しみの打ち上げへーーー!!!

この3日間から解放された面々は、
笑顔、笑顔、そして涙!!!

離れがたくなった仲間たち。
この日の夜は、いつまでもいつまでも続いてほしかったなあ

夢のような日々を皆さまありがとうございました。
みんなの笑顔をつくってくれた清家さん、羽子田さんも、
協力を惜しまなかった角間さん、平尾さんも、
多摩美名誉教授の福島先生も、
もちろん岸田國士先生も、ケラリーノ・サンドロヴィッチ先生も、
本当に、本当にありがとうございました

それでは皆さま、
次の発表会でお会いいたしましょう!!!!!

(おわり)

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ