さらば、青年座劇場! 劇団青年座「砂塵のニケ」観てきましたーーー!!!


 

劇団青年座第231回公演

「砂塵のニケ」

(作/長田育恵 演出/宮田慶子)

すたっふブルー、観てきましたーーー!!!

 

平尾さんとお会いしてからですが、

わたくしも何度か足を運んだこの青年座劇場、

この作品をもって惜しまれつつ改修のため一時閉館とのことで、

ぜひとも行っておきたかったのであります。

 

また、作者の「てがみ座」の長田育恵さんの作品は、

まわりの評判も高く、いつか観ておきたかったというのもあります。

 

ギリギリになって平尾さんにチケットをお願いしたにもかかわらず、

用意していただいた席は2列目の真ん中寄りという、すごくよいお席で、

いつもながら、シナリオクラブによくしていただいて、

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

舞台のセットは、古代神殿の遺跡を思わせる柱、

壁面には油絵の絵画がたくさん、

上手には病院のベッド、

下手には絵画修復のための研究室、

下手奥にはオフィスのテーブルといった感じでした。

 

今回のテーマは「母娘の確執」とのことです。

母親(増子倭文江さん)は大企業の女社長。

母親は、何とか一人娘の理沙(那須凛さん)に後を継がせようとしているが、

娘は母親に反発し、美術修復の仕事をしている。

幕開きは、娘が自殺未遂をし、病院のベッドで目を覚ますところから。

 

母親は大事な仕事があるからと、

娘の一大事にもかかわらず、病院に見舞いに来ようとしなかった。

そこに駆けつけたのは、母親と親交が深い画商の陣内(横堀悦夫さん)と、

同じ美術修復士の先輩・篠田(野々村のんさん)だった。

理沙が生まれた時から知っている陣内は、

厳しい口調ではあるが理沙を諭し、さらに賭けをしようと持ちかけ、

理沙に生きる目的を与えようとする。

 

その賭けというのは、画廊にある一枚の絵画を修復し、

その本来の持ち主を探し出すこと。

その画家とは、夭逝した天才風景画家・加賀谷直人(綱島郷太郎さん)。

修復とは、時代を遡って過去の痕跡をたどり、創作の原点を明らかにすること。

理沙は、その景色を求め、パリへと向かう――

 

タイトルの「ニケ」は、

ルーブル美術館のミロのヴィーナスと並ぶ有名な彫像、サモトラケのニケ。

ニケは、ギリシャ神話に出てくる勝利の女神で、ナイキの語源としても有名。

この作品のチラシにも使われています。

 

あまり書くとネタバレになってしまうのですが、

現在と、27年前とが交錯した時空を超えたストーリー展開となってます。

過去を遡っていくにつれ、謎が謎を呼ぶミステリー要素があり、

終盤に差しかかると伏線がどんどん回収されていって、小気味よかったです。

 

わたくしが観たことのある青年座の過去作品は、

家族ものだったり、わりと狭い空間のなかで繰り広げられるものが多かったのですが、

今回は映画にでもなりそうな、スケール感のあるお話。

それを上に書いたような舞台をうまく使って、

ある時は病院、ある時は画廊のオフィス、ある時はパリのアパルトマン、

ある時はルーブル美術館の修復室、そしてエーゲ海のサモトラキ島――

特に、アパルトマンの時は、回転舞台で、

時間の経過とかを表していました。お見事でした!

 

皆さん、演技達者な方たちばかりで、見入ってしまいましたが、

特に、増子さんは観るたびいつも違った人物像を演じてらして、

今回も現在のやり手女社長と、27年前の自由奔放なお嬢様を演じてて、

最初はヤな感じなんですけど、だんだん愛すべき人柄へと変化しちゃうあたり、

まんまと術中にはまってしまいました。

で、最後は増子さんにやられて、涙腺崩壊となりました。

 

 

というわけで、平尾さんと出会ってから何回か行った青年座劇場、

しばしのお別れとなりました。

 

約50年、この場所でたくさんの俳優さんたちを育ててこられたこの劇場、

劇場の入口には、このようなパネルが貼られていました。

 

 

なかは、以前平尾さんが出演されていた「外交官」の時、

シナリオクラブを特別にバックステージに案内していただいた時、

撮らせていただいたものですが、こんな感じでした。

 

 

キャパは144席だそうです。

この日、お芝居が終わっても、名残惜しそうに、

席を立たないでずっと舞台を見ている方もいらっしゃいました。

 

この日、平尾さんもこのお芝居観にいらしてて、

ホールのところでお会いしました。

「淋しいですね」というと、

「そうだね」

っておっしゃってました。

 

青年座劇場さん、

たくさんの感動、たくさんの笑いと涙を

本当にありがとうございましたーーー!!!

 

東京は今、桜が満開。

今年は入学式より、卒業式寄りですね。

先週は雪も降ったのに、その後暖かい日が続いて、一斉に咲き揃いました。

チラッと桜を見ながら帰途につきました。

 

 

 

 

 

 

 

シナリオクラブでは、無料体験のレッスンを行っております。
自分も俳優気分を味わいたいと思うときは是非ご参加ください。

体験レッスンについて詳しくはこちら ご入会の流れ