ミルコとカギロイの森

ジャンル: ミュージカル
横山清崇
演出
脚本・演出: 横山清崇  
音 楽:   櫻井幸太
振 付:   柴田桃子
音楽監督:  阿川建一郎

歌唱指導:  滝口律子

演出助手   竹田理央

振付助手   宮澤南菜 
舞台美術:  長峰麻貴

映像美術:  YOYOmiracle, inc. 
衣裳・宣伝美術: 長峰麻貴

衣装小道具制作進行: 雲田恵

ヘアメイク: Les Anges RYOTARO NAKAKO
舞台監督:  齊藤樹一郎

照 明:   株式会社六工房
音 響:   小川陽平

企画・広報渉外: 占部真理

プログラム製作: 利光ゆかり

稽古アシスタント: 橋本さやか/寺崎千尋

アシスタント: 渡邉さくら/久保田玲奈


プロデューサー: 占部邦素



主 催: 青少年ミュージカル芸術文化振興協会
共 催: 株式会社KAM

協 力: 有限会社グランアーツ/有限会社ジャンクション/株式会社PuR/浦辺日佐夫ジャズダンススタジオ/本多ダンススタジオ/劇団こどもSET/ジュエリーキッズプロモーション/立花プロダクション/テアトルアカデミー/モンドラナエンターテインメント/ACTLESS K/IVYアイビィーカンパニー/KMSプロモーション/YU-KI PROMOTION/ミュージカルチームジュエリー
キャスト
【カギロイの姫君】
木村 花代

【ウルフ】
角川 裕明

【シウン】
大口 朋子

【ルリ】
斉藤 美絵子

【クロウ】
水越 友紀

【千年杉】
高橋 辰也

【ダークネス】
皆川 知宏

チーム光/HIKARI

【ミルコ】
稲田ほのか

【フォックス】
涌井伶

【エル・グレイ】
春山さくら

【ヒューゴ・プリテニアス】
樋口龍

【リンド・ルチア】
下田萌恵子

【レン】
佐々木奏

【リズ】
木村友泉

【ボダイジュ】
久保田真琴

【アマリリス】
村上華

【レパード】
香西愛美

【パンサー】
徳増夏帆

【リトルウルフ】
市川裕貴

【小さな植物たち】
スミレ・野ばら・スズラン
橋本芽依
木内彩音
鶴岡蘭楠

【ダークネスダンサー】
有澤みなみ
大村花漣
佐々木佳音
舩坂彩香音

チーム天/SORA

【ミルコ】
熊本仁琴

【フォックス】
片山佳音

【エル・グレイ】
前原菜々子

【ヒューゴ・プリテニアス】
長井琥珀

【リンド・ルチア】
菅原みゆ

【レン】
山口佳乃

【リズ】
射場心寧

【ボダイジュ】
大嶋七海

【アマリリス】
古川舞歌

【レパード】
加藤笑

【パンサー】
番場愛理

【リトルウルフ】
小林祇龍

【小さな植物たち】
スミレ・野ばら・スズラン
今市真菜歩
黒瀧結衣
今村貴空

【ダークネスダンサー】
大木愛子
工藤綾乃
清水那奈
竹内愛
日程
2020.1/8~1/13まで
劇場
新国立劇場 小劇場
とある星のお話です。はるか昔、天はカギロイの姫君を地上に遣わされました。姫君の力で、植物たち、ケモノたち、ニンゲンとたくさんの生き物たちが生まれました。それから長い長い月日が流れ、ニンゲンたちは科学技術を進歩させることに邁進し、いつしか自然を忘れていきました。都市に暮らすミルコは、他のニンゲンたちがすっかり必要性を感じなくなった「自然と対話出来る力」を得ましたが、その為に白い目で見られるようになり、遠く離れた村へと移動しなければなりませんでした。その村は、姫君が住まう「カギロイの森」の近くにあり、自然と共に生きることを大切にしていました。仲間も出来、平穏を得たかのように思えたミルコですが、それに反するかのように、周囲には不穏な空気が流れ始めました。
カギロイの森の中でも、ウルフ将軍をリーダーとするケモノたちと、千年杉の長老率いる植物たちとの間に、意見の食い違いが生じるなど、混乱は深まるばかりです。そんな中、村には大災害が発生する兆しが見られ、村人たちは恐怖におののきます。ミルコは村を救うため、仲間たちと共に森の奥深く入っていくのでした。。。
人間たち、植物たち、動物たち、それぞれの想いが交錯する中、今まさに冒険が始まろうとしています。
この演劇を見た人
竹森裕哉さん
竹森裕哉さん

おすすめ度
脚本のストーリー性 5
役者の表現力 5
演出の巧さ 5
演出の奇抜さ 4
舞台装置の芸術性 5
客席と舞台の一体感 4
劇場設備の充実度 5
敷居の高さ 5
見た人の感想

重厚なストーリーと美しいダンスに圧巻!!

シナリオクラブでもミュージカルワークショップでお世話になっている横山清崇先生による、作、演出のミュージカル作品です。

大自然に暮らすケモノや植物たち、そして神様。

それに相対するように科学を進歩させ、自分達を「神」と思いこむ人間。

その間に立つ人間の少女が主人公の物語。

 

このミュージカルは、一見、子供でも見やすい全年齢向けという印象があるのですが、「環境問題」や「紛争問題」といった、とても重厚な題材が語られています。

劇中に登場するケモノ、植物たち、人間たちは、みんなそれぞれの心に秘めたものがあり、信念を持っています。

人間に家族を殺され復讐を誓う獣、科学の発展とともに驕る人間、調和を求める植物、そしてすべてを見守る光の姫。

彼らの持つ立場、想い、過去が彼らを導き、そして時に道を誤まってしまう。

その中で主人公「ミルコ」は「純粋さ」で彼らと向き合っていきます!

僕は、天/SORA組の公演を見ていたのですが、劇中での「ミルコの純真さ」は、熊本さんにしか出せない魅力でもありました。

光/HIKARI組も見てみたい。

 

また、主演の方々の圧巻の芝居は見どころです!!

姫役の木村さんの圧巻の歌唱力とカリスマ性。

苦悩に満ちる、角川さんのウルフ。

威厳溢れる千年樹の高橋さん。

シウン役の大口さんとルリ役の斉藤さんの美しい舞、そして水越さんの悲しみに満ちたクロウ・・・

不気味な存在感を見せる、ダークネスの皆川さん。

そしてジュニアキャストの皆さん。

一人一人にバックグラウンドと存在感があり、背負ったものを考えさせられる・・・。

まさに全員で作るミュージカルです!!

これだけ多くの登場人物と、人、ケモノ、植物、そして女神、それぞれの主張がある壮大なテーマを持った作品を、2時間で見事にまとめ上げ、分かりやすく、かつ面白く表現する横山さんの腕は本当にすごい!驚きました!!

 

 

そして、もう一つの見どころが、歌とダンス!!

これが圧巻です!!

戦闘、登場、悲しみ、劇中の様々なシーンがダンスで表現されているんですが、その完成度と本気度が高いなんてもんじゃない!!

舞台から伝わってくる本気度!!

出演されている方の年代は、小学生から高校生、プロの方と、様々です。

全員からにじみ出る「本気」「完成度の高さ」に圧倒されました!!

僕は、ダンスやミュージカルは、劇団四季やディズニーのショーくらいしか縁が無い人間です。

しかし、目を奪われるとはまさにこのこと。驚くほどのレベルの高さと凄さを是非観てほしい!!

 

さて、このミュージカル、1月13日の千秋楽まで、新国立劇場で公演しています!!

ミュージカル好きならぜひとも観に行ってほしい作品です!!

演劇レビュー一覧に戻る